【重要】スマホでログデータのクリアができないバグについて

>

2022年8月22日更新

発生内容
スマートフォンで、ログデータを取り続け内蔵メモリを使い切ってしまった場合、デバイスの電源が入らずデータ消去できない問題


本現象は次回ファームウェアアップデートで解決予定です。
デバイスのファームウェアアップデートの際は、Windows OSを搭載したPCが必要になります。

問題現象
GPSの内蔵メモリを使い切っている場合、デバイス(GT-600B / GT-120B)の電源ボタンを押しても、電源が入りません。
充電電源が残っていても 赤ランプが一度点灯し、電源が入らなくなり、ワイヤレス接続ができなくなります。

上記の際は、現状PC用「i-gotU GPS」を使用し、デバイスのログデータ削除操作が必要になります。


通常スマートフォンでのみご使用で、同状況が発生した際は、PC用「i-gotU GPS」をインストールいただき、データ削除いただけますようお願い申し上げます。


【GT-600B/GT120B システム要件】
必須要件:Windows OS:11、10、8.1、8搭載パソコン
補助要件:iOS:iOS 12以上、Android OS:7以上
※ファームウェアアップデートの際、Windows OSパソコンが必須


目次

・PCでのログデータ削除方法

・スマートフォンでのログデータ削除方法



PCでのログデータ削除方法

未インストールの場合、下記リンクページをご確認の上、ダウンロードしてください。
▶ Windows PC用 「i-gotU GPS」アプリダウンロード

1.「i-gotU GPS」 PC版を起動します。

2. デバイス(GT-600B/GT120B)をUSB接続します。

3. 認識されると「ログの消去」ボタンがクリックできるようになります。


4.「消去ボタン」をクリックすると下記画面が表示されますので、「はい(Y)」をクリックしてください。


5.ログデータの削除が開始されます。


6.ログデータの削除が完了すると下記のように表示されます。


データクリアに成功

データクリアに失敗
※消去するログデータがない場合も同表示


スマートフォンでのログデータ削除方法

デバイスに内蔵メモリ容量が残っている場合は、スマートフォン上でデータ削除が行なえますので、下記方法でログデータを削除してください。



1.i-gotU APPを起動します。


2.表示項目から、該当のGPSを選択し、タップします。
この画面で、ログデータがデバイスに保存されているか、確認できます。
バッテリマークの横にある容量マークがメモリ使用状況です。


3.下記画面が表示されるので、「設定」をタップします。


4.デバイスの設定画面が開くので、一番下までスワイプします。


5.一番下までスワイプすると「デバイスデータをクリアにする」項目があるので、タップしてください。


6.「デバイスデータをクリアにする」をタップすると「記録を削除する」の確認画面が表示されるので、「もちろん」をタップしてください。


7.デバイスとの接続が開始され、ログデータの削除がスタートします。


8.ログデータの削除が完了すると、下記画面が表示されるので「もちろん」をタップしてください。


9.もう一度、アラート画面が表示されるので、「もちろん」をタップしてください。


10.ホーム画面に戻り、メモリ容量が100%で表示されていれば、デバイスからログデータが完全に削除されていることが確認できます。



内蔵メモリ容量が0%の場合、スマートフォンでは、ログデータのクリアが現状できません。
※デバイスの電源が入らず、スマートフォンとワイヤレス接続ができないため、使用メモリ容量の確認もPCでのみ可能になります。

PCアプリを使ってのログデータ削除が必要になります。

このバグは、次回のファームウェアアップデートで対策予定です。

<<戻る